メッキ加工で高機能化、コストダウンを追求するメッキ技術情報サイト メッキ加工.com 株式会社シルベック

メッキ加工.com

メッキ加工.com 内を検索 WWW を検索
1963年(昭和38年)創業以来、メッキ加工、金属表面処理技術の研究をして参りました。半世紀の研鑽による培ったメッキ技術と技能でお客様満足を達成し、日本産業の興隆に寄与して参ります。1.試作1個〜量産数百万個以上まで安定した品質を供給致します。2.お問合せやご依頼に対し「こうやれば出来ます」と出来る方法をご提案致します。3.クレーム対応は最優先業務であり「すぐやる・必ずやる・出来るまでやる」で解決致します。4.お客様と約束した製品の納期を守り、お見積りには最大のスピードで対応致します。5.義を優先した利益の追求でお客様との共存共栄を目指します。
メッキ加工.com Top Page >> アルオンクロム(高耐食性)
アルオンメッキ(アルミニウム上の高耐食性メッキ)
CONTENTS メッキ加工.com

アルオンメッキとは

アルオンメッキとは、A1100をはじめ、A2017、A5052等のアルミニウム合金や、ADC12の表面に、下地メッキを含め10μm〜30μm程度のメッキ厚により、優れた耐食性を持つメッキ処理です。メッキ厚みは目標の耐食性により変更できます。また最上層のメッキは用途に応じてニッケル、金、銀、クロムなど様々な選択が可能です。

アルオンメッキ 画像

メッキの画像
「各種アルオンバレルメッキ」
左から時計回り
スズメッキ、銀メッキ、金メッキ
亜鉛メッキ黒クロメート処理
メッキの画像
アルオンクロムメッキ
<カシメても割れない>
<JIS塩水噴霧試験500時間クリア>

特徴

  • 軽量化と耐食性の求められる外装品、機構部品、電気部品等に様々な機能(電導性・はんだ濡れ性・耐摩耗性等々)を付加することが可能!
  • 下地メッキ膜厚25μmの最上層にクロムメッキ(環境規制対応)で塩水噴霧試験500時間クリア!
  • 耐食性目的のため素材に黄銅を採用していた場合、アルオンメッキにより素材をアルミに変更で、軽量化とコストダウンが可能!
  • バレルメッキとの組み合わせで、接点痕が無く高機能化及びコストダウンが可能!
  • 素材の表面状態を調整することで、光沢メッキ外観から、梨地調の艶消し外観まで対応可能!
お問合せ先はこちらです。
お電話でもメールでも結構です!
TEL:048-994-5931 
COPYRIGHT © 2011 SILVEC CO.,LTD, ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP